2014-01-17

グルーガンのつぶて

トイレットペーパー芯リサイクルアート(toilet paper tube recycle art) yamadauca

トイレットペーパー芯をジョイントするためのグルーガン。
はみ出したグルーは手で除去しているのですが、グルーを取り除くときにまだ暖かくて柔らかい場合は、指の腹でくるくると丸めておきます。

グルーガンを使ったことのある方ならわかるかと思いますが、付け方によってはグルーがはみ出してしまうことも。
接着に使うのならば、グルーははみ出さないほうがきれいなのですが…

ゆっくり、じっくり、グルーの分量を考えて使えばよいのだろうけれど、わたしの場合、ゆっくりだと迷いが出てしまって、創作の手が止まってしまうことがあるので、ほどよいスピードでの接着を考えると、はみ出すことも多いのです。

いつもなら直接ゴミ箱にポイ!なのですが、置いておいたグルーガンからたらりと垂れ下がって溶けたグルーが、しずくのようになることもあって、とても愛らしいので、今回はすべてはみ出したグルーを取っておきました。

このグルーのつぶて。
トイレットペーパー芯アート個展で使おうと思っています^^

 

◆個展のお知らせ
トイレットペーパー芯アート個展会場・磐田市旧赤松家

【日時】2014年1月22日〜2月4日
【所在地】〒438-0086 静岡県磐田市見付3884-10
【お問い合わせ先】旧赤松家記念館
【電話】0538-36-0340
【休館日】月曜日(祝日または振替休日にあたるときは開館)国民の祝日の翌日(土・日・月曜日にあたるときは火曜日休み)
【時間】火曜から日曜・午前10時から午後4時30分(※最終日は午後4時まで)

*在廊予定*1月22日・25日・26日・29日、2月1日・2日(水曜と土・日曜)
 4日最終日は午後から16時まで在廊


写真撮影ですが、Facebookやブログ・SNSなどの掲載用の数枚のみお願いしております。
個人利用、商用利用での撮影はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事