2014-03-29

LIFE!〜The Secret Life of Walter Mitty

映画館で予告を見るのも楽しみのひとつなのですが、久しぶりに予告を何度も見ても飽きないし、早く観たいなあと思った映画。

音楽と映像がバチッとはまる瞬間があって、ぐっとくるものがありました。

特に共感したのが…(ネタバレ注意

カメラマン、ショーンの言葉。

ウォルターが必死に探し出して、カメラを覗くシーンで、やっと被写体が現れたのにも関わらず、シャッターを押さないショーン。

シャッターを押すという行為自体が、被写体と自分との間にフィルターを作ってしまうような気がして、この瞬間の時間を邪魔されるような気がする。
わたしも写真をとるときに被写体に心奪われて、思わずシャッターを押さずに、肉眼でしっかり見たい、と思うことがよくあるんです。

そんなショーンもある意味、人生を楽しんでいるんでしょうね…素敵^^

今回、海外行きが決定したことで、人生に何度もないことをこの夏体験させていただくことになったわたし。
この映画はわたしにとってとてもタイムリーな映画だということもあって、ずしんと響くものがありました。

とても元気をもらえる映画でした^^

 

今を生きるすべてのひとへ

いろんな世界を見に行こう 壁を越える勇気を持とう

いろんな人と出会い もっとわかり合おう

きっとそれは本当の人生を生きる喜びだから

 

関連記事