2014-12-20

光と影の時間

IMG_9424

今回、展示のテーマに合わせて制作した卓上ランプ。

創っているときから、ライトを付けたときのことばかり考えていました。

このライトはもともと市販されているLEDライト。
それを改造?して、アート寄りの卓上ライトにしました。

このライトを選んだ理由は3つあって、

  1. 単3電池で点ること。
    電池を繰り返し充電して使える時代になったので、充電電池をうまく使えば経済的。停電時にも使えるのもいいです。

  2. USBケーブル付属なので、パソコンなどから電源が供給できます。
    ノートパソコン片手に、配線とコーヒーを用意して、ライトの影を楽しみながらネットサーフィンとかできます。
    こちらも場所を選ばず使えるので目的が広がります。

  3. 配線なしで使えること。
    コンセントなどを気にせず持ち運んでどこでも使えるのは、使う場所を選ばず魅力的ですし、デザイン的にもシンプル。野外でも使えます^^


以前はランプシェードなどを作る際は、芯に防炎対策をしたり長時間点灯させたり長期間使用してみたり、複数テストする必要がありました。

LEDが主流になってからは、電球の熱などを考慮する必要がなくなったため、創作の幅はぐんと広がりました。
今回はその第一段として自由に作品を創りました。

IMG_9413

熱などの問題は解決できたとしても、芯のパーツを取り付けた際の明るさや、光の位置などをイメージしてパーツ作りを行う必要がありました。

 昼間から創作して、夜に点灯チェックを行い、そしてまた修正して、点灯チェック…
若干アート寄りではありますが、イメージしていたものが出来上がりました^^

IMG_9409

ただ毎回、壁や天井に映された影は予想外。
でも良いほうに裏切られているので、独り暗い部屋でニンマリとしております( 笑

 

 

関連記事