2015-02-17

テレビ朝日 ワイドスクランブル/201502

20150216widescramble

2015年2月16日のテレビ朝日の番組、ワイドスクランブル特集コーナー「とんでもないアートを作り出す女性たち」で放送していただきました。

 

 20150216widescramble

 スタジオではトイレットペーパー芯の作品を紹介していただき、モニター越しに見る自分の作品はこんな風に見えるんだなと客観的に作品を見ることができました。

 

そしていろんな意味ですごく勉強になりました。

同コーナーのアーティストの方が言っていたこと。

大理石や価値あるものを形にすると、素材に価値があるのでその時点でアートにも価値が生まれやすいけれど、素材が0円なものをアートにするというのは、アーティストの創造力がないとできない…

すごく共感できました。
まさにわたしが伝えたかったことを代弁していただいた、とわたしが言うと痴がましいのですが、ただわたしはうまくそれを取材で表現できなかったなあと。

わたしがペーパーアートのなかでも、なぜ、トイレットペーパー芯を使っているのか?なぜ、決まりごとをもって創作しているのか?というのはまさにそれ。

価値がなくなったものに命を吹き込む、価値がないと考える人が多い中、わたしにとってトイレットペーパーの芯は価値がないものではないということ。
もしかしたら世の中には、ただのゴミなんてないのかもしれない、なんて考えるのも楽しいですよね。

今回、こういった取材や放送を体験させていただき、良い経験をさせていただいたなあと感謝しています。
関係者様に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

しかし…
ベレー帽の(怪しい?!)女性という感じでスタートした映像…
これからはアーティスト活動の際はベレー帽必須にしようと思います(笑

関連記事