2015-03-13

Facebook 5days Art Challenge DayOne

Facebook 5days Art Challenge(フェイスブック5日間アートチャレンジ)

フェイスブックでこんなアートチャレンジがあるようです。
指名されたアーティストが5日間にわたり、1日3作品ずつupしリレー方式で繋げていくというもので、指名された人とした人をタグ付けすることでお互いのタイムラインでシェアされ、たくさんの方々に作品を見ていただく、という仕組みです。

私のことを紹介してくださったのは、K-mixで活躍されていたラジオファンなら知らない人はいない廣木弓子さん。
チャレンジしてみませんか?とバトンをいただき、私も参加させていただくこととなりました♪

フェイスブックで記事を書くときに、バトンをいただいた方とバトンを渡す方をタグ付けするので、わたしのタイムラインの方々に活動を知ってもらうことができるのと同時に、わたしもタグ付けしてくださった方のタイムラインで、お知り合いではない方々の目に止まるかもしれないというのは、ある意味素敵なことですよね。
こういう繋がりがなければ気づいてもらえなかったかもしれないわけです。ドキドキ。

 

【Day One】
1日目は…わたしがトイレットペーパー芯リサイクルアートを始めたばかりの頃の作品です。

4年前に東北を襲った恐ろしい出来事。
私たちは忘れることはないでしょう。
ほんのすこしかもしれないけれど、私にも何かできることはないかと、当時の個展で「義援金アート」を行いました。

【作品紹介】

dayone01  
01
個展の開催中に、トイレットペーパー芯パーツをご購入いただき、中心のコアモチーフにご自分で芯を加えていただく、参加型アートとして会場に展示しました。

dayone02
02
初めての個展のためのDM写真のために作ったモチーフです。

dayone03
03
インスタレーションアートとして、会場内にたくさんモチーフを吊るしました。

 

当時の作品は構造や素材や方法など、手探りで行っていたこともあり、個展終了後、破棄せざるを得ないものが多かったのを思い出します。

個展の様子は下記リンクから写真や動画などをご覧いただけます。

//yamadauca.com/gallery
//yamadauca.com/toiletpaperrollrecycleartmovie.html

 

バトンを渡しながらチャレンジしていくこの企画。
私からのバトンは、去年の夏にマレーシアペナン島のGeorge Town Festival で招待参加されたときのメンバーのうちのひとり、テレビ出演やイベント、ディレクターとして引っ張りだこの「モールアーティスト」キタナカアツシさんへお渡ししました。

 

関連記事