2015-06-30

冴えないわたし 冴える頭

 

近頃はおかげさまでいろいろと慌ただしく過ごさせていただいておりますが、明日は久しぶりに大きな取材があって、それに向けて段取り良くいろんな準備やら片付けやらをしなくてはならないなあと思い始めると、軽いストレスを感じるせいか、食べ物を制限し始めるわたし。

集中したいときはどうしても無駄なくエネルギーになってくれるようなものだけを食べて、ストイックに作業したりする。

自宅で何時間もかかる撮影だからといって、普通に掃除すれば特に散らかっているわけでもないのに(散らかるほどものがないので…)いつもの掃除では飽き足らず、なぜか机の中や納戸まで片付けたくなる始末。そういうとき、なぜか頭が冴えまくり。

そしてまた雑ガミの多いこと…
仕事柄仕方ないのかもしれないのですが、それにしても多い…

本も雑誌もなんでも紙は大好きなので、自然と増えるんですよね。
参考だからとかいいながらフリーペーパーとかは手に取ることも多く。

解決策として、よほど気になる紙質だったりしない限り、なるべくクラウド管理。

そうやって、トイレットペーパー芯リサイクルアートのように、私生活にも「制限を設ける」ことで、とても過ごしやすくストレスも少なくなったと思う。

椅子に座って目を閉じて、記憶の中で家中を歩き回る。
トイレの上の棚には何があって、キッチンの白いボックスの中身には何が入っていて、キャビネットの一番下の引き出しに入っているものが思い出せる。

思い出せなくなったら、そこに行って見てみる。
そうすると大抵無駄に増えた何かに、記憶が圧迫されてわからなくなっている。

そこでその場所を一度見えるように散らかして、ものを定めていく。

そうやったら、こんな収納の少ない家で、こんなアートをやっていくことも可能なんですよね。

わたしはとくに、何もないことがとても重要なときがあるので。

soramado02

関連記事