2016-02-29

【展示】かごしま環境未来館アートフェスティバル

2016年2月20〜21日に開催されたかごしま環境未来館のアートフェスティバルにて、トイレットペーパー芯リサイクルアートの展示とインタラクティブアート、インスタレーションワークショップを行いました。

kankyo01 kankyo02

 

 

インスタレーションワークショップの様子

親子ワークショップでは親御さんに環境未来館のことやリサイクルのことなどをお話しながら、親子でドリームキャッチャーを作りました。
作ったオブジェはお守りになるとても大切な物なので、壊れても簡単に捨てられないこと、直して使うこと、飾る部屋が散らかっていたら効果がでないこと、などを理解していただき、リサイクルや環境についての知識を得ながらご参加いただきました。約1.5時間ほどのワークショップでしたが、みなさん集中して楽しんで参加してくださいました。

 

インタラクティブアート

来場者が参加して作る「芯のツリー」です。
トイレットペーパーの幹から伸びる棒にカットした芯を通して、いろんな形のツリーができあがりました。

芯は紙でできていて、その紙は森の木からできている、その意識を共有しています。
来場者に芯を切っていただく際に、わたしの創作の決まりごと「芯のカット方法」を守っていただき、芯を無駄にしない、ゴミを出さないために決まったサイズに芯を切っているということを共有し、その通りにカットしてもらいました。

決まりごと通りに切っていただいた芯は、アーティストがアートの一部に再利用することをお伝えしています。

 

 

関連記事