アトリエのゴミ箱の中身

アトリエというと、作品や材料などが混沌としているイメージがあるが、私のアトリエはゴミ箱もこの通り。
創作コンセプトを変えてから、創作中もそうだが、ゴミはほぼゼロに近い。

この輪ゴムのゴミは、参加者の方々が、以前、芯をまとめる際に使っていたもの。

まとめてくださっても、いただいてしばらく放置しておくと、ゴムは劣化してちぎれてしまい、目的を果たさなくなってしまう。早めにケースに入れ直して収納しないと、バラバラになってしまう。輪ゴムは再利用できないので、無駄になってしまうなと常に思っていた。

その解決策が、ボックスティッシュの箱の再利用だ。
今はもう、輪ゴムのゴミもあともう少しでなくなる。