わたしのトイレットペーパー芯リサイクルアートは、創作のコンセプト「つくる責任、つかう責任」(国連が定めるSDGs)をもとに制約を3つ設けています。

 

  1. トイレットペーパー芯に色を塗らないこと

    日本のトイレットペーパー芯は「そのままの状態でとても完成された紙(素材)」だからです。
    芯には日本工業規格、JIS規格が定められており、メーカーが異なってもほとんど同じ形状です。
    素材として完成度が高いため、トイレットペーパー芯の質感や色、印刷文字などをそのまま使って表現しています。
    色を塗ると、見た目でトイレットペーパーの芯だとわからなくなります。さらに絵の具などの材料を買うことになり、創作のコンセプトに反します。


  2. トイレットペーパー芯の裁断方法を決めていること

    トイレットペーパーの芯は潰した状態からカットします。収納と裁断に適しているからです。
    ランダムにカットするとゴミになりやすく、統一性がなくなり、雑紙やリサイクル紙と同じになってしまいます。
    素材そのものを生かした表現を制約とし、裁断方法を決め、形状がわかる状態で裁断してピースを作ります。
    一番大きなピースは2分割、一番小さなピースは16分割と、ピースの大きさを決めています。


  3. 創作の際にゴミを極力出さないこと

    リサイクル環境アートとして、裁断ミスで不具合がある芯も破棄せず使用し、創作の過程でゴミを出さないよう創作しています。
    リサイクルだけではなく、環境にやさしい素材で創作し、することを意識しています。

 

 

制限のなかで創作を繰り返すことで、素材そのものを生かしながら、統一感のある不規則な作品がうまれます。
リサイクルアートとして、わたしが「トイレットペーパーの芯」にこだわる理由はここにあります。